Chokieの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅の無線LAN、暗号化してますか?

<<   作成日時 : 2016/12/26 22:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、INTERNET Watchの記事の紹介です。

自宅無線LANを暗号化していないユーザーが4分の1、セキュリティソフト導入も半数以下、対策への認識不足が浮き彫りに

以下、記事の引用です。

「通信の暗号化を行っていない」と回答しているユーザーが24.0%
また、「通信の暗号化を行っているかどうかわからない」(31.5%)と合わせると、全体の半数を超えている。


読むだけで怖くなる結果です。
「暗号化を行っているかどうかわからない」ユーザーが「暗号化を行っていない」とすると、全体の半数以上が、無防備な無線LANを使っていることになります。
自宅前の道を歩いている見知らぬ人が、自宅LANに接続できるという危険を認識していないのでしょうか?
少し、例えは違うかもしれませんが...

見知らぬ他人が、自宅内に上がり込み、自宅内を堂々と散策している

これに近い状況だと思います。
他人が同じLAN上にいるということは、iPhoneやPCなど、無線LANで接続しているデバイスは、すべて他人が内容を見ることができる状態にあるということです。

「特に問題が起きていないから」(25.9%)
のユーザーは、本当に問題が起きていないのでしょうかね?


また、暗号化をしている人も、万全とは言えないようです。

WEPによる通信の暗号化を行っている」ユーザーも14.0%
「WPA」や「WPA2」による通信の暗号化を行っているユーザーは合わせて17.3%しかいなかった


WEPは、解読方法が公開されていますので、もはや暗号化されているとはいえない手法ですね。
せめて「WPA」、できれば「WPA2」にするのが、暗号化の強度が高く、より安全だと思います。

WPS、AOSS、らくらく無線スタートEXのいずれかのボタンで機器を無線LANアクセスポイントに接続したユーザーが25.8%。
SSIDと暗号化キーを手入力して設定を行ったユーザーは10.3%となっている


諸説ありますが、一般的には、SSIDを非公開にしておくのが、良いとされることが多いようです。
これが、「SSIDと暗号化キーを手入力...」になるのですが...

少ないですね。

我が家は...

画像

暗号化は、WPA2パーソナルで、SSIDは非公開にしています。

無線LANの強度を上げるために、もう一つ有効な策があります。
MACアドレスのフィルタリングです。
登録したMACアドレス以外は、無線LANのアクセスポイントに接続できなくする手法です。
ここまでしておくと、現時点では、かなりリスクは低くなると思います。

皆さんのアクセスポイントは、どのような設定になっていますか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅の無線LAN、暗号化してますか? Chokieの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる