Chokieの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 三井住友銀行を騙るフィッシングメール

<<   作成日時 : 2014/07/01 23:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

三井住友銀行のHPに、

画像

フィッシングに注意するようアラートが出ています。
IT系のサイトでも、三井住友銀行を騙るフィッシングがある旨の記事を見かけます。

そんなんあるんかな?

と思っていたら...

画像

届きました!
私にも。

宛先の「kishida」って誰やん!

#私は「kishida」ではありません。念のため。

画像

差出人は「三井住友銀行」ですが、アドレスはyahoo。

こんなん、バレバレやん!

画像

「本人認証サービス」のリンク先は...

china.com

ここまで怪しいと、この先何があるのか、楽しみです。
もう少し、騙されてみましょう。

画像

china.comからリダイレクトされた先は、三井住友銀行サイトと似たアドレスですが、インドのドメイン。
そして、本家と決定的に違うのは、httpである(暗号化されていない)こと。

最初の本家と見比べて下さい。
本家はURLの先頭に、鍵のマークがありますが、偽物は暗号化なし。

冷静に見れば、怪しいところだらけ。
こんな子供騙しに引っかかってはいけません。

が、今回は敢えて、この先に進んでみましょう。

画像

契約者番号と第一暗証をテキトーに入力し、ログインすると...

画像

当たり前ですが、ログインできずに、意味不明の「NOP」の表示。
この瞬間に、IDとパスワードが盗まれるんですね。

テキトーに打ったIDとパスワードでログインできず、悔しがっているかもしれませんね。

画像

もう一度確認です。
これが本家。
アドレスと、アドレスバーの鍵のマーク。
最低これだけは見ておけば、フィッシングに引っかかる事はないと思います。

フィッシングにかからない対策。

1)メールに書かれているリンクは押さない
2)銀行などの大事なサイトは、自分のブックマークからアクセス
3)サイトのURLを確認する
4)IDやパスワードを入力する時は、ブラウザのアドレスバーに鍵マーク(暗号化されているか)を確認

これだけで、被害にはあわないと、思いますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三井住友銀行を騙るフィッシングメール Chokieの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる